カートを見る
メルマガ登録・解除
4110 (walnut x oil leather/dark brown) - Kai Kristiansen
カイ・クリスチャンセンの4110 Chair。

1960年代にデンマークでデザインされており、約半世紀経った現在でも我々を魅了するデザインです。カイ・クリスチャンセン自らより良い椅子になるよう細部を改良し待望の復刻となりました。
背もたれの美しいライン、ゆったりとしたシート幅、無駄がなくとても美しいフォルムとなっています。もちろん美しさだけでなく、背もたれ部分の背当り具合など、座り心地も申し分がありません。テーブルの下にもスッキリと収まり、日本の住宅にもスッと馴染んでくれるシンプルだけど細部のディテールまでこだわった名作椅子です。
美しさ、座り心地、機能面、どれをとっても優れた椅子は、いろいろな空間で活躍してくれることでしょう。



■Design : Kai Kristiansen (カイ・クリスチャンセン)

■Material : Wood (walnut) , Oil leather

※オイルレザーについて
オイルレザーとは、革をなめす時にオイルを染み込ませる事で革をよりしなやかにし、耐久性を増したものです。よく登山靴やカバンなどに使用されています。
特徴としては、着色は染料のみで顔料は使用しておらず、革本来の良い肌触りがそのまま残っています。また、下地はタンニンなめしでクロームは一切使用していません。なので使い込むほどに風合いが変化し味わい深くなっていきます。表面はワックス仕上げにしているので、ワックスが革を保護し、簡単な手入れでも大丈夫です。
この革は、革中のタンニン成分が酸化することで革自体が淡褐色に近づく事や使ううちに人体から出る皮脂や汚れが染み込むことで特徴である風合いの変化がおこります。使い込むことで、世界に唯一の風合いに仕上げることができます。あまり汚れを気にせずに、風合いが変化することを楽しんでいただき革の価値を最大限に引き出すことができます。

※お手入れについて
表面をワックスが保護しているので、基本的には乾拭き程度の簡単な手入れでも大丈夫ですが「3か月〜半年に1回程度」保革クリームなどで革に適度な油分を加えることで、革の傷み具合が軽減され耐久性が向上します。
汚れが気になる方も、保護クリームを定期的に塗ってください。クリーナーと併用することで、ある程度汚れを軽減することができます。

■Size : w485xd490xh720 (SH440)



※納期について※
こちらの家具に関しましては、全て受注生産となっておりますので約90日ほどお時間を頂いております。
お急ぎの場合は事前にご確認くださいませ。




-------------------------

Kai Kristiansen (カイ・クリスチャンセン)
ハンスウェグナーやボーエモーエンセンと同様にデンマークのデザイナー。
この椅子は、現在カイ・クリスチャンセン氏の公認のもと、確かな技術を持った日本国内にある工場で生産されています。1960年代に製作されていた当時のものと比べると、背もたれ、脚部、接合部などなど、より良いものとなった名作椅子です。


※こちらの商品は、家具類となりますので送料込みの総お支払額合計金額を受注確認メールとして、再度メール送信させて頂きます。

販売価格:

64,400円(税抜)

購入数: